なにかが許せないとき
WRAP (ラップ)で学んだことなんだけど、誰かのことが許せなかったり物事にこだわりが消えないって時はその人や物事ではなく、自分の調子が悪いってこともあるんだわ。
もちろん、絶対許せないことや絶対信じられないってことはある。
でも、自分がいい感じの心の状態ならどう考えるんだろう?尊敬するあの人ならどんな行動をするんだろう?
って考えられるようになってから手放せる感情が増えた。
情けないことに人は、上とか下とか、良い悪いを俺様基準で考えてしまう。それも無意識で。
調子が悪い時はそれすら考えないで突っ走る自分がいるねん。
だから心がモヤモヤした時に一度、「これって自分の調子が悪いからかな?」って問いかける時間が僕を救ってくれます。
とはいえ、まだまだ修行が必要ですが😅
今まで迷惑かけたみなさま
ホンマにごめんなさい🙏
そしてまたご迷惑をおかけすると思います🙂
ラップ(ウェルネス リカバリー アクションプラン)
の説明はこちら。
イケメンが説明しています(笑)
https://youtu.be/-ySotbOFxMM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top