大人の発達障害 私の場合

大人の発達障害 最近、注目されていますね。

私自身、悩んだ時期があり30代で自分の発達障害に気づきました。

私の場合

仕事を抱えすぎる、仕事や対外的なこと優先して自分のことが出来ない。

他人を喜ばせよ、という呪文で自分を追い立てる。

落ち着きがない、考えや行動が早すぎてまわりからクレームがくる。

相手の気持ちが分かるから何も言えないくてストレスを溜め込む。

忘れ物が多い。

など多岐に渡ります。

幸いなことに、そんな私に目をかけてサポートしてくれる親や友人に恵まれ、なにより許容してくれる優しい奥さんのおかげで今があると思っています。

いろいろと工夫しています。

ちょっと変わった人で済む場合も、自分をコントロール出来ない人もさまざまですが、自分やまわりの人がしんどい思いを抱えるのであればトレーニングをお勧めします。

例えば内省という方法です。

自分を振り返るという意味です。

日記をつけてみる

一つ一つ小さなことでも「やることリスト」を書いてみる

1日の始まりや終わりに瞑想してみる。

少し自分と対話してみるのは自分の成長や気分のコントロールに有効です。

ここで問題があります。 発達障害の場合、毎日同じことを繰り返すのが苦手です。 私も出来ませんでした。

なので、いくつかやり方を決めてやりたいことをその日にやる、やらなかった自分を責めない、というところから始めました。

日記は無理でした。 しかし、振り返りノートは役に立つと気づきました。

反省より次にやることを決める方が人生が前に進むと気づきました。

瞑想は苦手ですが、ストレッチをしながら自分の身体と呼吸に集中するのは気分を安定させます。 筋トレは自己肯定感を上げるようです。

こんな感じで自分の心地よい感じをやっているとアイテムがだんだん増えてきています。 もちろん今でも毎日は出来ません(笑)

義務ではなく、「自分のやりたいこと」です。

あくまでも私のやり方ですが、内省からいろいろなことを学べました。 お勧めします。

でも、出来ないことが多いと思います。 私自身、そうでしたから。

【今のままでいいのか、なにかを変えたいのか。】

人生を変えるのは才能ではありません。 変わりたい!と思う強い意志です。 そのあたりから考えて行動したいですね。

発達障害は誰にでもあります。

私はこう考えています。「そもそも全てにおいてキチンと成長している大人がどのくらいいる?上手くいかないことを上手くいかすための考えや学びは無数にある。探して試したらいいだけ。」って考えると気楽に生きられるかも。

 

こんな本もありますよ。 発達障害は、治すというか長所でもあるので自分を知って強みを伸ばして弱点を補強するアイテムを探すって感じですよ^_^

今、読んでいてモヤモヤした人はぜひ手に取ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top