日本語勉強中

最近、日本語の文法を改めて勉強しています。

印象に残ったこと その1

論証と説得は違うらしいんです。

説得は理論で同意を得る方法です。

論証とは論理を証明することです。

似ているようで違うらしい。

論証は論理的に説明がつくものなので説得は必要ないそうです。

ただし、感情は別物。

自分の感情や相手の感情の中に、受け入れる気持ちが出来ていないと論証は通じず、感情的な説得になることが多くなります。

例)相手に受け入れる気持ちがないのに理詰めで喋って、聞いてくれないから感情的な言葉を投げつけて説得(恫喝?笑)してしまう。

経験ありませんか?

僕はむちゃくちゃあります!(笑)

正に、ものは言いよう。

昔の人はよいこと言ってますね。

日本語の文法を勉強して、患者さんの心に響く説明が出来るように頑張ってみます。

しかし、言葉を勉強するって難しい^_^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top