歩ける未来を創る話 椎間板ヘルニア

歩行分析は歩ける未来を創ります

40歳男性 椎間板ヘルニア  

 

来院時にかなりひどい状態でした。

歩くのはもちろん、立ってるのも座っているのも難しい状態。

杖をついて仕事に行かれていました。

腰の4番5番にヘルニアがあります。

病院では、痛みが取れないので現在の薬が効かなかったら手術を考えましょう。と投薬中でした。

ヘルニアは内部の損傷なので触れませんが、歩行とバランスを調整することでキチンとした改善が見られるケースが多いですね。

切らないといけないヘルニアもありますが、切らないでも治るヘルニアもあります。

この患者さんの場合は、6回の治療で日常動作には問題無くなりました。

但し、この患者さんは問題がありまして(笑)

やっぱり俺、まだ若いですわ!治癒力ありますわ!って言って痛みが無くなったのをいいことに無茶を繰り返し、途中で治療を勝手にやめてしまいました。

再発しても治してあげないかも( ̄▽ ̄)

このように椎間板ヘルニアにも可能性があります。

歩行分析は歩ける未来を創ります。

1度ご相談くださいね。

 

注意) 症状や治療歴によって保険適用出来ないがあります。

椎間板ヘルニアとして治療を受けている方は保険適用ができません。

厚労省の基準が厳しくなってきております。

保険の治療範囲につきましては治療前にしっかりした説明をさせていただきます。

電話でのご相談も受け付けております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top