ぎっくり腰にご注意を

  

最近、ぎっくり腰の患者さんが増えています。

突然の激痛で歩けなくなる、だんだん痛みがまして立てなくなる、腰だけでなく背中まで痛くなる。

様々な症状があります。

 

まずはお電話で、動けない痛みなんですが…とご相談ください。

ただちに時間を調整いたします。

 

 

なぜこの時期に多いのか、ぎっくり腰についてはまだ解明されていないことが多いので経験的なお話になりますがどうも気温の変動に関係があるようです。

1日の温度差が激しい時にぎっくり腰や寝違いの患者さんが集中します。

まさに今ですね。

 

予防法は

不安定な姿勢は避ける

不用意に急な動きをしない

朝はすぐに動かないで身体をほぐす

疲れを感じたら腰をアイシングする

そんなところでしょうか。

とにかくぎっくり腰を起こしたら炎症ですから痛い個所を冷やしてください。

濡れたタオルなどでも効果的ですよ。

 

そしてすぐに電話をしてください。

時間外でも対応しております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top