痛いのに怒られる? 怒りのお話

IMG_3904.JPG

痛いのになんで怒られるの?

先日、患者さんとのお話しで、聞かせていただいたお話です。

当院に来られる前は、病院でなにかといえば怒られたそうです。

先生に痛いと言えば

「薬を飲んでないじゃないか!」「生活に問題はないか!」

あげくに「治っているはずや!」

 

痛いのに苦しいのに、怒られる。

辛さとして2倍ですよね。

もちろん、患者さんの行動や感情にあまりに問題があれば、怒ることも必要でしょう。

 

怒るということを、少し心理学の方向からお話しさせていただきます。

 

これは、若い先生に指導させていただく時にお話しすることですが、怒って治る病気はないということです。

 

スポーツ心理学では、怒るという行為は、次の指導法が思いつかない時に起きる行為だ、と説明されています。

次の手があるのなら、怒る必要はないのですね。

 

また、対人関係心理学では、怒ると互いの思考が狭くなり、問題が良い方向に解決しにくくなる傾向があるそうです。

怒ると、怒る理由に意識が集中して、悪い材料や自分に有利な材料を集めて、対決思考になってしまいます。

相手も、自分を正当化する材料を集めて、対決思考にならないといけなくなります。

 

そうなると、2人は幸せになれるでしょうか?

これでは、人間関係は良い方向に向かいませんね。

 

 

怒るというのは大切な感情の一つです。

怒るというのは相手がいます。

 

どんな怒り方をするかではなく、どうやったら伝わるかを考えてみるのはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top