オスグッドを治しましょう!

オスグッド・シュラッター病

 

サッカー バスケットボール 陸上競技なと走る子供たちに多い症状です。  

  膝下の腫れに始まり、練習どころか走ることも出来なくなる非常にやっかいなスポーツトラブルです。

当院にもたくさん来られます。

オスグッド病はとにかく痛いんです。

そしてハードな練習をしているお子さんに多いので練習が休めないという問題を抱えているケースがよくあります。

 

痛いけど練習は休めない。

痛いけど無理をする。

最終的に走れなくなる。

メンバーから外される。

悪循環ですね。

 

残念ながら医学的にはオスグッド病に対する有効な治療方法が確立されていません。

運動の中止、湿布、痛み止めの注射など様々な治療が試されていますが、なかなか完治が難しいのが現状です。

なぜ有効な治療方法がないのでしょうか。

それは、違うところを診ているからなんです。

 

実はオスグッド病は膝のトラブルではないのです。

オスグッド病は膝の痛みですが、膝には原因はありません。

では、オスグッド病の原因はなにか?

 

オスグッド病の原因は走り方なんですね。

 

腰から股関節、膝から足首、そして親指といったきちんとしたラインが出ていないのが原因です。

ラインがブレることにより膝や太ももの筋肉に負担がかかってしまった。

これがオスグッド病の発生原因です。

ほとんどのお子さんがオスグッド病の出ている方の脚に筋力低下がみられます。

ですので、オスグッド病は二つの治療が必要です。

 

一つが脚の重心のラインを出す調整

二つ目がその子の走り方のクセを修正する指導です。

この二つを調整すると短期間でだいたいの場合、治ってきます。  

 

私はこの治療方法を確立してからオスグッド病の治療が非常に楽になりました。

現在、オスグッド病でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top