子どもに使えるスポーツ栄養学1  食事と睡眠について

同じ練習をしているのに伸びる子、伸びない子、身体の大きくなる子、大きくならない子がいます。

 

どうしたらいいのでしょうか。

 

1番簡単な考え方は食事と睡眠です。

今の練習システムでは自分で練習方法や練習量を選ぶことは出来ません。

ですからまわりに差をつけていくには食事と睡眠が重要です。

練習についていく、身体を大きくすることに必要なものは栄養です。

途中でガス欠になればそこから先の練習は身体を削るだけです。

身体は痩せていきます。

ガス欠になれば疲労が倍増してミスや怪我が増えます。

 

身体を大きくするのはどんな練習かではなくどんな食事かなんですね。

身体は食事が作っているという考えを持っていただきたいです。

 

そして睡眠です。

寝ている間に回復し、より強い身体になるのです。

 

あなたの練習は睡眠不足でこなせるような練習ですか?

プロの世界では、8時間の睡眠を義務付けているところもあります。

お昼寝もいいですね。 激しい練習にはしっかりした休息が必要です。

現実的にはいろいろ制限はあると思いますがいつ、どんな休息を取るか、しっかり考えて行動することです。

何時間寝た方が動きがいいか、昼寝をするのとしないので違いはあるのか、調子の良い自分をみつけてみるのはどうでしょう。

 

運動のパフォーマンスを上げるのに食事と睡眠が重要なんです。

 

すごく当たり前のことを書きました。

しかしその当たり前のことすらきちんと考えられていないのがスポーツの現状です。 もう一度自分の生活を考えてみると成長のヒントがあるのかもしれませんね。

これから少しずつ栄養学について書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top