東洋医学 | たくみ整骨院―茨木市

なにかが許せないとき

WRAP (ラップ)で学んだことなんだけど、誰かのことが許せなかったり物事にこだわりが消えないって時はその人や物事ではなく、自分の調子が悪いってこともあるんだわ。
もちろん、絶対許せないことや絶対信じられないってことはある。
でも、自分がいい感じの心の状態ならどう考えるんだろう?尊敬するあの人ならどんな行動をするんだろう?
って考えられるようになってから手放せる感情が増えた。
情けないことに人は、上とか下とか、良い悪いを俺様基準で考えてしまう。それも無意識で。
調子が悪い時はそれすら考えないで突っ走る自分がいるねん。
だから心がモヤモヤした時に一度、「これって自分の調子が悪いからかな?」って問いかける時間が僕を救ってくれます。
とはいえ、まだまだ修行が必要ですが😅
今まで迷惑かけたみなさま
ホンマにごめんなさい🙏
そしてまたご迷惑をおかけすると思います🙂
ラップ(ウェルネス リカバリー アクションプラン)
の説明はこちら。
イケメンが説明しています(笑)
https://youtu.be/-ySotbOFxMM

久しぶりの休日

昨日の祝日は、久しぶりの休日。

勉強する、子どもと遊ぶ、などやりたいこと満載でした。

朝6時からガストでお勉強。

9時半から子どもと公園

1時に昼ごはん食べて

その後は私の自由時間 娘と勉強

晩ご飯を作って家族でゆっくりする。

バッチリな計画でした。 そう…でした…

朝6時からガストで勉強。 9時前まで勉強して「2時間くらいではあまり進まないな。時間を大切にしないとな…」と思いながら帰宅。

今日は、公園で遊びます。 メンバーは家族、患者さんの子どもという6人メンバー。 公園に着く前に雨降りだしました。

急遽、室内遊戯場アメージングワールドへ。 室内遊具がたくさんある子どもたちのパラダイスです。

このあたりから予定が崩れ始めます。

アメージングワールドに来たからもっと遊びたい!うん、わかった。

その後、マクドナルドに行きました。 マクドに来たんだからゆっくりしたい。うん、わかった。

食べ終わると、このまま帰っても中途半端だから、たくみ整骨院で遊びたい!うん、わかった。

延々と要求を聞いていると晩ご飯の時間。 作りたいお鍋があったので頑張ってみたらその後、私が電池切れ。

ゴロゴロして一日が終わりました。

あぁ、時間って上手に使わないとダメですねー😅

子どもの皮膚に触ってみよう

子どもの皮膚に触ってみよう

アトピー性皮膚炎の皮膚は触らない方がいいと思っているお母さんが多いです。

確かに掻かない方がいい、感染してるから触らない方がいい、と理由もあります。

ただ心理学的な考えだと触る、撫でる、はすごい効果を出すのです。 心理的安心感を作り出します。

心理的安心感により発生するホルモンには治癒効果、鎮静効果も確認されています。

ぜひ、お子さんを触ってあげてください。

状態が悪ければ、その周辺でも、背中をさするだけでも安心感に繋がります。

アトピー部分のまわりから血液がアトピー部分に染み渡るようにゆっくりマッサージするのも有効です。

その子に合うアロマオイルを探してみるのもいいかもしれませんね。

とにかくスキンシップを密にして、スキンケアとは分けて考えるのがいいのかも。

ぜひお試しください^_^

アトピーは1人で治すもの?

アトピーは1人で治すもの?

アトピー性皮膚炎は自分だけ、お医者さんとだけ治すと思っていませんか?

ぜひ、アトピー性皮膚炎の集まりに参加してみましょう。

どんなメリットがあるかというと、同じ悩みを話しあうことにより安心感が生まれます。

なかなか話しづらいこともその場所なら大丈夫です。

もう一つのメリットは、みんないろいろな工夫をしている、ということ。

私もいろいろなアイデアを患者さんに提案しますが、ほとんどは患者さんと一緒に考えて試したものです。

自分では考えつかない方法を試している人たちに出会えるかもしれません。

特定の団体をご紹介するわけにはいきませんが アトピー性皮膚炎 患者会 家族会 などで検索してみてくださいね。

大人の発達障害 私の場合

大人の発達障害 最近、注目されていますね。

私自身、悩んだ時期があり30代で自分の発達障害に気づきました。

私の場合

仕事を抱えすぎる、仕事や対外的なこと優先して自分のことが出来ない。

他人を喜ばせよ、という呪文で自分を追い立てる。

落ち着きがない、考えや行動が早すぎてまわりからクレームがくる。

相手の気持ちが分かるから何も言えないくてストレスを溜め込む。

忘れ物が多い。

など多岐に渡ります。

幸いなことに、そんな私に目をかけてサポートしてくれる親や友人に恵まれ、なにより許容してくれる優しい奥さんのおかげで今があると思っています。

いろいろと工夫しています。

ちょっと変わった人で済む場合も、自分をコントロール出来ない人もさまざまですが、自分やまわりの人がしんどい思いを抱えるのであればトレーニングをお勧めします。

例えば内省という方法です。

自分を振り返るという意味です。

日記をつけてみる

一つ一つ小さなことでも「やることリスト」を書いてみる

1日の始まりや終わりに瞑想してみる。

少し自分と対話してみるのは自分の成長や気分のコントロールに有効です。

ここで問題があります。 発達障害の場合、毎日同じことを繰り返すのが苦手です。 私も出来ませんでした。

なので、いくつかやり方を決めてやりたいことをその日にやる、やらなかった自分を責めない、というところから始めました。

日記は無理でした。 しかし、振り返りノートは役に立つと気づきました。

反省より次にやることを決める方が人生が前に進むと気づきました。

瞑想は苦手ですが、ストレッチをしながら自分の身体と呼吸に集中するのは気分を安定させます。 筋トレは自己肯定感を上げるようです。

こんな感じで自分の心地よい感じをやっているとアイテムがだんだん増えてきています。 もちろん今でも毎日は出来ません(笑)

義務ではなく、「自分のやりたいこと」です。

あくまでも私のやり方ですが、内省からいろいろなことを学べました。 お勧めします。

でも、出来ないことが多いと思います。 私自身、そうでしたから。

【今のままでいいのか、なにかを変えたいのか。】

人生を変えるのは才能ではありません。 変わりたい!と思う強い意志です。 そのあたりから考えて行動したいですね。

発達障害は誰にでもあります。

私はこう考えています。「そもそも全てにおいてキチンと成長している大人がどのくらいいる?上手くいかないことを上手くいかすための考えや学びは無数にある。探して試したらいいだけ。」って考えると気楽に生きられるかも。

 

こんな本もありますよ。 発達障害は、治すというか長所でもあるので自分を知って強みを伸ばして弱点を補強するアイテムを探すって感じですよ^_^

今、読んでいてモヤモヤした人はぜひ手に取ってみてくださいね。

25日午後休診させていただきます。

本日は神戸市の精神障害者ピアサポーター養成研修のため午後から休診させていただきます。

二回シリーズの二回目の研修講師をさせていただきますので今日はお手伝いとスタッフのみなさんと打合せに行ってきます。

ラップWRAPを紹介しにいきます。

説明動画はこちら。僕が出演しています。

よきご縁に恵まれています。 しっかり学んできます。

【もぐもぐWRAP】はじまります

【もぐもぐラップ(WRAP)】

心の元気を回復する もぐもぐ道具箱交換会

ラップ(WRAP)は誰にでも使いやすく、自分をコントロールするためにとても役に立ちます。

【説明動画】WRAPってなに?

https://youtu.be/-ySotbOFxMM

【もぐもぐWRAP】の由来は、お茶を飲みながらお菓子を食べながら気楽に進めていきたいとの思いからです。

WRAPの道具は、たくさんあると便利に使えます。

一人で考えるのも大切ですが、自分の困難を人と共有してみる、他の人のアイデアを取り入れてみる、と新しい視点の道具や希望が増えるのかもしれません。

気軽に集まり、気軽に話し合い、自分なりの道具を見つける場所。
そんな場所になったらいいな。と思って【もぐもぐWRAP】を開催いたします。


対話の中で元気を回復してみたい方、自分なりの道具を探してみたい方におすすめします。


ご参加をお待ちしております。

【日時】 

12月1日日曜日  14時時よりから 【茨木】

3時間半程度

 

☆同日は午前中に【はじめてラップWRAP】を開催します。

【場所】茨木市ローズワム http://www.rosewam.city.ibaraki.osaka.jp/ 

【参加費】1500円

【持ち物】お飲みものは各自でご持参ください。

【参加資格】

◯WRAPのことを少し知っている方 ◯WRAPを生活のなかで使ってみたい方 ◯【はじめてラップ】に参加経験のある方

☆このワークショップは立ったり座ったりが多くあります。 ご不安のある方はぜひご相談ください。

☆3時間半でWRAPの道具箱について考えます。全体的な学びを体験したい方はぜひ「WRAP集中クラス」で検索してください。

☆さまざまな方が参加されます。参加に際して、心配ごとや配慮してほしいことがございましたら事前になんでも相談してください。

☆WRAPが初めて、という方は【はじめてラップWRAP】からの参加をオススメします。

【はじめてラップ(WRAP)】はじまります

 

【申込&お問い合わせ】

 メールの場合は luckypunch@i.softbank.jp までお問い合わせください。

伊藤卓 たっくん

WRAP®︎ファシリテーター

産業カウンセラー

新しい提案

【たくみ整骨院はアトピー性皮膚炎に対して新しい取り組みを行っています。】

アトピー性皮膚炎については、いまだにしっかりした解決方法が見つかっていません。

今、これを読んでいらっしゃる方は、ステロイドをはじめ、さまざまな投薬、さまざまなスキンケアを試してみたことだと思います。

本当に大変な苦労を経験されたとお察しいたします。

 

たくみ整骨院では、【薬とは別の方法ででアトピー性皮膚炎をコントロールすること】を提案しています。

具体的には、整体と鍼(はり)でのコントロールを目指します。

整体について 特定の身体のアンバランスがアレルギーや精神と深い関係があります。 そのアンバランスを説明しながら全身状態をコントロールしていきます。

鍼について 鍼は2ミリほど打つだけなので打ったことすら気づかせません。

しかし、素晴らしい効果が期待できます。 近年、美容鍼ための新しい鍼の開発がアトピー性皮膚炎への施術を飛躍的に変えました。 特に顔や首まわりのトラブルには鍼の効果が実感できると思います。  

詳しい内容についてはブログで紹介していきます。 この方法は、投薬を続けながらでも、その他の代替療法を続けながらでも可能です。 低刺激ですのでどんな方法の邪魔もしませんし、どんな方法とも相性がいいです。

ご興味のある方はぜひ当院のブログを読み進めてください。  

そして、行動に移してください。

私は、アトピー性皮膚炎に対して「新しい取り組みをする」ということは、「新しい人生に取り組む」という意味を持っていると思います。

私は、そのくらいの覚悟で臨みたいと考えています。

効果のない施術をダラダラ続けたくはないのです。

 

新しい人生に取り組みましょう。 そして一年後、新しい人生を一緒に喜びたいと思います。

お会いできることを楽しみにしています。

page top